深部温熱RF(ラジオ波)マシン 「LavaTRON(ラバトロン)」

深部温熱RF(ラジオ波)マシン 「LavaTRON(ラバトロン)」

深部温熱RF(ラジオ波)マシン 「LavaTRON(ラバトロン)」

ラジオ波マシン
様々な美容機器が出ては消えてゆく日本のエステティック市場において、RF(ラジオ波)機器は多くのエステティシャンに10年後も第一線で活躍すると考えられています。
それも皮膚表面~2cm(浅い皮下脂肪)までの深部を加温するCET方式ではなく、より高度なメカニズムと大出力のノンコーティング・エレクトロードを使用したRET方式も使える高性能・高機能機器に人気が集中しています。

LavaTRON【LVT-250】はRF(ラジオ波)機器としては国内で圧倒的出力の最大250W、CET/RET方式両用、さらに対極板不要のバイポーラシステムまで搭載。 多彩なプローブ(3種類)、エレクトロ-ド(8種類)は全て自動認識、そして太った人や細い人、身体の太い箇所、細い箇所の抵抗値(インピーダンス)を機械が自動測定し、さらに出力まで自動調整。しかも圧巻の独自システムでRF(ラジオ波)機器初の『温度自動調整機能』まで搭載したまさにRF(ラジオ波)機器の最終進化形、最高峰の名に恥じない完成度です。
RF美容機器

LavaTRON【LVT-250】で期待できる効果

●痩身、脂肪溶解、セルライト除去など
  推奨温度 40℃~
  CET方式=皮下脂肪減少
  RET方式=内臓脂肪・セルライト減少

●お顔やお肌の引締め、リフトアップ、タイトニング、
  ストレッチマーク・妊娠線の緩和など

  推奨温度 42℃~
  CET方式&バイポーラ方式

●スポーツ・コンディショニング、リラクゼーション、
  自律神経調整効果、腰痛・肩こりなど

  推奨温度 38.5℃前後
  CET方式 &RET方式
  疲労物質(乳酸)分解促進、血流促進

基本的に年齢を問わず、また全身のあらゆる部位に使用可能です。

LavaTRON【LVT-250】の機能と特徴

自動温度測定機能
これまで施術者の感覚に頼っていた体表の温度が液晶モニターで視覚的に把握出来るようになりました。

自動温度調整機能 最新独自機能!
他のRF(ラジオ波)機器と一線を画す革新的な機能で、エレクトロード内部にセンサーを搭載する事で体表温度を自動測定し、オートモードを選択すれば温度を±約0.5℃の範囲で自動制御。これにより高出力マシンを初心者でも安全にそして効果的に使う事が可能になりました。

●もちろんマニュアルモードも搭載しているので、他に差をつけたい 熟練者の施術にも完全対応!

インピーダンス自動測定&出力自動制機能

人には太めの方や細身の方、また同じ人でも太い箇所と細い箇所があります。これまでのRF(ラジオ波)機器ではそれらの判別が出来ず、ただ設定したレベルの出力を出すだけの単純な機能しかありませんでした。しかしこのLavaTRON(LVT-250)では最新のコンピューター制御により、人や部位ごとにそれぞれ異なるインピーダンス(抵抗値)を自動で瞬時に測定し、なおかつ自動で出力調整まで行い、施術者の適切な施術の手助けをします。

多機能マルチコネクター

プローブとエレクトロードを単ピンではなく、4つものコネクターで繋ぐことで、上記の機能のような複雑で高度な制御を可能にしました。

多彩なプローブ&エレクトロード

プローブ 3種類 【L字、ストレート、バイポーラ】
人体工学に基づき設計されたL字型プローブは力のいるボディの施術を非力な女性でも軽々と行う事が可能にしました。その他フェイシャルに適したストレートプローブ、対極板不要のバイポーラプローブも標準装備しています。また、薄毛ケアやヘッドリラクゼーションに最適なヘッド専用開発エレクトロードも標準装備。

エレクトロード 8種類
CET(コーティングプローブ)……30mm、60mm、80mm
RET(ノンコーティングプローブ)……40mm、60mm、80mm
ヘッドエレクトロード、バイポーラエレクトロード

24点ヘッドエレクトロード
これまでラジオ波の施術メニューといえばボディの痩身やフェイスの アンチエイジング目的のものがほとんどでしたが、LavaTRONに付属 するヘッドエレクトロードを使えば、髪と髪の間を縫うように24点の 電極が頭皮にラジオ波を照射し、頭皮の血行を促進させることで薄毛の ケアも行えます。またその温かさによるリラクゼーション効果もあります。

RFドレナージュ LavaTRONを使用した最新技術

RF機器のエレクトロードを施術者の身体の一部を媒介物として、被験者の身体に圧と熱を同時に加えてゆく最新の施術方法です。
機械では施術しにくかった骨が多い箇所や関節付近、リンパ節付近、それにハンドだけでは効果が出にくかった腸管ケアなどに非常に適しています。機械よりもより人にも肌にも優しく、そしてハンドよりも深く温かく、どちらもの良い所を結集する事が出来る最新の技法で、インピーダンス自動測定、自動出力調整、自動温度制御など高度な制御機能を搭載した最新のRF機器が可能にした、機械とハンドテクニックが融合したまさに夢の技術です。

今まではいくらいい機械を導入しても近隣店にも同じ機械を購入されてしまえば差が無くなってしまいましたが、この技術により同じ機械を購入されても、その店独自のマッサージやリンパドレナージュ、整体、骨気などあらゆる技法と組み合わせる事でこれまで未体験の驚異的体感と圧倒的効果で、近隣店と強力な差別化を図ることが可能になりました。

LavaTRONの施術動画

ラジオ波とは

電極から対極板、もしくは電極から電極に高周波を流すことで、体内にジュール熱(摩擦熱)を発生させ、体内温度を上昇させることで様々な美容効果を得る美容法です。その仕組みによりCET方式とRET方式に別れており、また照射方式によってモノポーラタイプとバイポーラタイプ、その他トライポーラやマルチポーラと種類があります。


エレクトロードから対極板に一直線にラジオ波を流す方式。ラジオ波が一方通行で仕組みがシンプルな分、効果は強力でクリニックでも多数導入されています。ただ、スパークしやすく、施術には技術が必要で、これまで敬遠されてきました。しかし最近では性能も進歩し、スパークしにくく、自動で温度管理できる機械が登場したため、再びその効果に注目が集まっています。またエレクトロードによりCET方式とRET方式を切り替えられるので、施術内容に合わせて柔軟に対応できます。


絶縁の電極で肌の深部組織(表皮から約2cm前後)で熱を発生させるモード。皮下脂肪やセルライトの溶解に効果を発揮し、施術後も表面だけでなく身体の芯から温まります。たるみは引き上げるように、セルライトは溶かすようにあてていくと効果的です。


非絶縁の電極と対極板により肌深部(表皮から約5cm前後)で熱を発生させるモード。痩身の施術で唯一内臓脂肪を燃焼させる効果を持ち、セルライトの除去や細胞の活性化、代謝アップ、アンチエイジング、各器官の機能増長などの効果をもたらす。痩身はもちろん冷えやむくみにも効果的で、施術後2~4時間は身体の芯からポカポカとした体感を得られる。


エレクトロードに付いている2つの電極間でラジオ波を流す方式。
発熱は肌の浅い部分になりますが、スパークなどの失敗が少ないのが特徴です。初心者でも比較的安全に施術を行う事ができます(表皮のみ)。
出力を抑えることができるので、補助的にキャビテーションや複合機に多く搭載されています。

仕様/専用RFクリーム

電源 100~240V、50~60Hz 自動選択
メイン周波数 470Hz±10%(正弦波)
最大出力 最大250W±10%
出力時間 1分~30分(1分単位)
出力形式 自動調節および手動調節
温度調整 自動:37~47℃(0.5℃単位)
手動モード 出力1~100%(1%単位)
ディスプレイ 320 × 240pix 単色LCD
安全クラス・タイプ クラス1 BFタイプ
本体サイズ W363 × D380 × H179mm
重量 10kg
付属エレクトロード CET 80mm 60mm 30mm
RET 80mm 60mm 40mm
24点ヘッドエレクトロード
バイポーラプローブ

↑ PAGE TOP